更年期障害による不眠について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

更年期障害による不眠について

更年期障害による不眠についてのイメージ

更年期には卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少するため、さまざまな体調不良が、かわるがわるに起こったり、イライラ、情緒不安定、抑うつ状態、不安などとともに不眠を訴える人も多くなります。更年期特有の、のぼせやほてりが原因で、寝付きが悪くなったり、眠っていて目が覚めることもあります。また、年齢を重ねたことで、若い頃よりも深い眠りが減ってきたことに気づかず、若いころと同じように眠ろうとして、よく眠れなかったという人もいます。

いずれにしても、更年期は、女性の心と体にとって大きな曲がり角です。ホルモン環境の変化によって体がついていけなかったり、精神面でも自分自身の将来に対する不安、家族との関係、親の介護などの問題が重なり、ストレスに直面しやすくなります。仕事をしている女性では、職場での人間関係や責任が重荷になったり、女性ゆえの孤立感で落ち込む人もいます。家族と仕事を抱える人では、さらにさまざまな肉体的。精神的ストレスが加わります。こうしたことから、更年期には、うつ病も発症しやすくなり、そのために眠れなくなる例も多くあるのです。不眠の他に、憂うつな気分が続いたり、意欲が低下した、食欲がなくなった、夕食の献立が浮かばなくなった、考えるのが億劫になった、などの症状がある場合は、精神科の診察を受けるといいでしょう。症状に合った睡眠薬、あるいは抗うつ薬、抗不安薬でよくなることがあります。のぼせやほてり、頭痛、肩こり、動悸、冷えなど、体の症状を伴うときは、心療内科、あるいは更年期障害に詳しい婦人科にて診察を受けるといいでしょう。

更年期のさまざまな変調は、閉経後、ホルモン環境が安定すると消えていきます。睡眠へのこだわりが強くなり過ぎると、眠れなくなるのではないかという不眠恐怖が生じて、更年期が過ぎても不眠に悩むようになってしまいます。眠れないことにこだわり過ぎず、好きなことをしたり、運動などで気分転換を図るのがいいかもしれません。

あわせてよみたい不眠症の知識

ツボを押すことでの熟眠効果

夕食には刺激物を避けましょう

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ