ツボを押すことでの熟眠効果

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ツボを押すことでの熟眠効果

ツボを押すことでの熟眠効果のイメージ

東洋医学において不眠症状は、古くから心腎不交といわれ、身体の精力と血流のアンバランスが大きく出ていることから起こるとされています。不眠を解消するには、精力と血流のアンバランスを改善する必要があり、それはツボを刺激することで可能です。

現代人の不眠は大きく分けると2タイプあります。1つがストレス性不眠で、過度の疲労や不安感などによって肉体的、精神的ストレスによって引き起こされる不眠です。ストレスが過度にたまると、身体は回復するために必要な時間と方法が見つけられなくなり、徐々に回復する機能が落ちてきます。そうすると、自律神経の働きが崩れ、睡眠がうまくとれなくなってくるのです。

もう1つが生活習慣性不眠で、生活の乱れからくる不眠です。現代は街が24時間活動し、眠りにつく時間が安定しないこともあります。しかし、こういった状態が続くと、人の自律神経は狂いやすくなります。夜は眠るのが自然な摂理なのですが、夜間に起きていると、胃の活動が悪くなり、交感神経が働き続ける覚醒状態が長時間になってしまいます。そうなると、人は興奮とリラックスがコントロールできなくなり、自律神経が失調し不眠という流れになってしまいます。

ツボを刺激するとこで、ストレス性不眠であっても、生活習慣性不眠であっても、熟睡できるといわれています。なかなか寝付けなかったり、浅い眠りが続いていたのに深い眠りが得られるようになったりと、睡眠の質と量を改善することが期待出来ます。

寝ようとする2時間前には食事も風呂も済ませて、身体を睡眠モードに持っていった状態でツボを刺激することで、より一層熟眠効果が上がります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効くツボ【精神と肉体の疲れによる不眠】

更年期障害による不眠について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ