快適な眠りのための環境づくり

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

快適な眠りのための環境づくり

快適な眠りのための環境づくりのイメージ

快適な眠りのためには、眠る環境づくりも大切です。音がうるさかったり、明るかったりするとやはり眠りにくいものです。

光は身体も脳も覚醒させてしまう効果があるので、寝る直前まで明るくしていると、目がさえてしまってるので、眠りにくくなります。眠る前には、暗めの照明にしたり、間接照明を利用しましょう。寝室も暗めの照明や間接照明にしておくといいようです。

また、夜明けとともに部屋が明るくなると、目が覚めてしまうので、遮光カーテンなどで、寝室の環境を整えるといいでしょう。

光というと照明ばかりを気にしがちですが、最近はテレビや携帯電話などの光にも気をつけるようにしなくてはいけません。思っている以上に強い光を放っているので、その光で覚醒してしまうこともあるので気をつけましょう。

また、温度や湿度も快適な眠りには大切です。温度や湿度は高すぎても低すぎても快適とはいえません。温度が高すぎると、深部体温が下がりにくいので、深い睡眠が少なくなり、中途覚醒しやすくなります。温度が低すぎても、体が深部体温を下げないように働くので、深い眠りに入りにくくなります。温度は26度くらい、湿度は60パーセントほどが快適といわれているので、快適な温度と湿度を保てるようにしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

よい睡眠のための食事

不眠に効くツボ【ストレスが原因の病気】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ