カフェインと不眠症の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

カフェインと不眠症の関係

カフェインと不眠症の関係のイメージ

勉強をしているときや仕事中、眠気を改善するためにコーヒーを飲むなんて経験はありませんか?なぜコーヒーを飲むと眠気が改善されるのかというと、コーヒーに含まれているカフェインの効果なのです。

カフェインは脳を覚醒する働きがあるので、コーヒーでカフェインを取ることで、眠気が覚めるというわけです。脳が覚醒すると、眠りにつきにくくなってしまいます。ですから、不眠症の人はカフェインに気をつけなくてはいけません。

カフェインはコーヒーに含まれていることは知られていますが、コーヒーだけではありません。緑茶や烏龍茶、紅茶などにも含まれていますし、コーラや栄養ドリンクなどにも含まれています。

不眠症の場合には、寝る4から6時間前には、カフェインをとらないようにするといいでしょう。どうしても夕食後や寝る前にコーヒーが飲みたい場合には、カフェインレスのコーヒーも販売されています。カフェインはゼロではないですが、微量に抑えられているので、普通にコーヒーを飲むよりも安心です。ただ、味は少し落ちてしまいます。紅茶にもカフェインレスのものが販売されていますよ。

 

 

あわせてよみたい不眠症の知識

妊娠後期の不眠

隠れ不眠ではありませんか?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ