妊娠後期の不眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

妊娠後期の不眠

妊娠後期の不眠のイメージ

眠気が強くなる妊娠初期とは違い、妊娠後期は不眠に悩まされる人も多いようです。
妊娠後期にはおなかが大きくなり、重くなります。そのため、おなかが圧迫されて寝心地が悪くなり、寝返りをうつのも大変になります。

また、お腹で膀胱も圧迫され、トイレが近くなるなどが原因で、夜中に何度も目が覚めてしまうのです。ホルモンバランスの変化や、出産やこれからの不安なども不眠に影響しています。

寝心地が悪くてなかなか寝付けない、何度も目が覚める人は、抱き枕を使ってみると寝やすくなるかもしれません。

妊娠後期には、身体も出産に向けて準備をしています。出産すると、赤ちゃんは夜中でも起きて何度も泣きます。妊娠後期に何度も目が覚めるのは、赤ちゃんが生まれてからの練習をしているとも言われています。出産に不安はつきものですが、赤ちゃんが生まれることを楽しみに、乗り切りましょう。

夜に眠れない分、昼間に眠くなることもあると思います。妊娠中は疲れやすいので、眠れるときに少し眠っておくのもいいですね。とはいえ、あまり遅い時間に昼寝をしたり、長い時間寝すぎると、夜に眠れなくなってしまうので、注意しましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

妊娠初期の不眠に注意

カフェインと不眠症の関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ