アルコール離脱病状不眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

アルコール離脱病状不眠

アルコール離脱病状不眠のイメージ

寝付きが悪い時にお酒を飲むのは万国に共通する習慣です。確かにアルコールは寝付きを多少よくしますが、全体でみると睡眠に悪影響を及ぼします。いくつかの国で、睡眠に関するアンケートをとったところ、寝付きが悪いときにはお酒を飲むと答えた人が日本では3割近くいて、他の国より多いことが調査の結果でわかっています。

アルコールは意識の働きを低下させ眠くさせるのですが、特に深酒は睡眠中枢の働きも悪くしてしまい眠れなくなってしまうので、注意が必要です。

また、眠る前にお酒を飲んだ場合、眠っている間にお酒が切れてくると眠りが浅くなり、中途覚醒や早朝覚醒の原因にもなります。これにはアルコールが体の中で分解されてできたものの影響があるとされています。さらに、長期間にわたってアルコールを過剰に摂取し続けると脳に悪い変化が起きます。その最初の症状が不眠症です。

こうした理由から、寝付きが悪い時に軽く寝酒をする程度ならよいですが、毎晩たくさん飲むのはやめておいた方がいいでしょう。アルコール依存になった場合、アルコールを減らすとどうしても入眠障害(アルコール離脱病状不眠)になるため、治療には睡眠薬を使用します。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬はいいもの?悪いもの?

不眠に効くツボ【目覚めが悪いとき】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ