お酒では不眠症は改善できない

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

お酒では不眠症は改善できない

お酒では不眠症は改善できないのイメージ

なかなか寝付けないので、お酒を飲むという人もいるのではないでしょうか。お酒を飲むと眠くなるという人もいるかもしれませんが、眠りにとってお酒は良くないものなのです。特に深酒は、睡眠に悪影響を与えます。

寝る前にお酒を飲むことを寝酒なんていいますが、寝酒をしても良く眠れるものではないのです。寝つきはよくなる気がするかもしれませんが、その効果は短時間しかありません。お酒を飲むと深い眠りについている時間が減り、目が覚めやすくなってしまいます。お酒を飲むことで、脳が興奮状態になってしまうので、ぐっすり眠れなくなってしまうのです。

お酒を飲んだ次の日は、朝早く目が覚めたり、何度も目が覚めるなんて経験はありませんか?お酒を飲むことで、早朝覚醒を引き起こしやすくなってしまいます。眠るためにお酒を飲むのは逆効果なんです。

お酒は楽しく飲むものであって、不眠症を解消するものではありません。睡眠の質を高めるために、寝酒はオススメできません。

あわせてよみたい不眠症の知識

鬱病による不眠症状

「眠れない」と思わない!

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ