不眠症になると・・・。

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症になると・・・。

不眠症になると・・・。のイメージ

睡眠は、身体や脳の疲れをとり、休める効果があります。休めることによって機能を取り戻し、次の日の活力となるのです。
しかし、十分に睡眠がとれないとなると、疲れが取れないので、慢性的な疲労があり、イライラや不安のもとにもなります。また、体の機能も低下してしまうので、風邪を引きやすくなったり、病気になりやすい体になってしまいます。

ホルモンバランスも崩れてしまうので、血圧が高くなったり、血糖値が高くなることもあります。この状態が続くことで、高血圧や糖尿病を発病したり、悪化させてしまうことにもなります。それ以外では、食欲増進のホルモンが多く分泌されるようになり、太りやすくなるともいわれています。

常に眠気がある状態なので、集中力や記憶力、判断力も低下します。勉強の効率が悪くなるだけではなく、仕事の場合、ミスや事故を発生しやすくなってしまいます。スリーマイル島の原発事故は、睡眠不足が原因の判断ミスが原因となっているといわれています。

不眠症になると、身体だけではなく精神的な機能も低下させてしまいます。ですから、不眠症じゃないかなと思ったら、早めに治療をする必要があるのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の症状にも種類がある

睡眠時間は人それぞれです

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ