不眠症の症状にも種類がある

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の症状にも種類がある

不眠症の症状にも種類があるのイメージ

睡眠に何らかの障害を持っている状態を不眠症といいます。ただ、その不眠症の種類は1つではありません。

よく知られているのは、布団に入っても眠れない入眠障害でしょうか?布団に入っても眠りにつくまで30分から1時間以上かかってしまい、眠りにつくことが苦痛になります。

しかし、不眠症の症状はそれだけではありません。
寝ていても夜中に何度も目が覚めてしまう、中途覚醒も不眠症の症状のひとつですし、早朝に目が覚めてしまい、その後眠ることができない、早朝覚醒も、不眠症のひとつです。また、朝起きてなんだかぐっすり眠れた気がしない、熟眠障害という症状もあります。

このように、4つの症状に分けることができる不眠症ですが、症状は1つではなく、2つ以上が重複していることも多いようです。
不眠症を改善するには、まずどの症状に当てはまるかを知り、その症状の改善方法を取り入れることです。不眠症の検査方法もいくつかあるので、不眠症かもしおれないと思ったら、まずは病院を受診してみましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症というのは?

不眠症になると・・・。

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ