不眠を解消する方法①

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を解消する方法①

不眠を解消する方法①のイメージ

良い眠りをもたらすのは良い眠気であり、それを調節するのは能の中の時計です。ですから、体のリズムを整えること、上手に使うことがポイントとなってきます。

リズムの整え方としては、光が大切です。朝の強い光はリズムを朝型にし、夜の強い光はリズムを夜型にします。現代社会では多くの人が、体内時計が遅れる夜型になっていますが、それを直したければ、寝室にカーテンをひかないで朝日が入るようにしたり、朝早い時間に電気がつくようにタイマーをセットするのもいいです。逆に、高齢者や睡眠相前進症候群などの病気で朝型になってしまう人の場合は遮光カーテンを使うなどして、極力、朝には光が当たらないようにしましょう。

夜型を直したい人の場合、夜の10時を過ぎたら天井の電気は必ず消します。本を読むなら、卓上のスタンドを使うようにしましょう。暗いところで本を読むと眼に悪いのでは心配になるかもしれませんが、スタンドの明かりがあれば十分といわれています。テレビを見るときも暗めの部屋で、あまり近づき過ぎない距離で見るようにしてください。そうすれば、たとえ起きていても目から入る光をかなり弱くすることができます。逆に朝型になってしまう人なら、夕方近くになって散歩に出ることで、外の光を浴びるものいい方法でしょう。

体内時計を調整するための光は強めの方がよく、家の中の光よりも外の光をおすすめします。一般家庭の伝統から目に入る光は明るくても500ルックスくらいですが、太陽の光は曇っていても10000ルックスを超えることがほとんどです。ただし冬は外に出るのも寒いので、家の中でリズムを整えたい場合は、体内時計を調節するための専用の照明装置などを使うといいでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

認知症が原因とされる不眠

不眠症というのは?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ