うつ病による不眠症状

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

うつ病による不眠症状

うつ病による不眠症状のイメージ

うつ病は、睡眠障害をもたらす精神疾患の代表といえます。うつ病の患者の大半が不眠を合併し、あるいは逆に不眠が持続している人の多くがうつ病を引き起こします。うつ病に伴う睡眠障害は、早朝覚醒が特徴的です。なかなか寝付けない入眠障害があり、夜中の2時、3時に目が覚めて、再び眠ることができなくなってしまう早朝覚醒がよくみられるのです。そうした不眠症状に加えて、食欲不振、意識低下、朝起きて気分が落ち込む、イライラするといったことがあると、うつ病の疑いがあります。

また、うつ病の大きな特徴として、夜間のみならず昼間もまったく眠れないことが挙げられます。うつ病患者が、夜も昼も眠れないのは、覚醒時に、次にくる睡眠を誘発するはずの物質を蓄えるメカニズムに障害があると推測されています。脳でつくられる睡眠物質は、覚醒していればいるほど脳の中にたまり、睡眠を誘発します。その物質の量が、うつ病患者と健常者とではかなり差があることが明らかになっているそうです。うつ病患者は、睡眠物質がなかなかたまらないため、入眠まで時間がかかり、眠りの維持もできないのです。うつ病患者の場合、睡眠物質は二晩断眠するとようやく健常者と同じくらいたまります。二晩断眠するとやっと眠れることがわかり、断眠療法という治療方法がさかんに行われたことがありました。現在でも不眠状態が続いているうつ病患者に、断眠療法を行なうことがあります。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬の処方

季節性うつ病による睡眠障害の症状

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ