睡眠薬の処方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬の処方

睡眠薬の処方のイメージ

睡眠薬は治療薬として、どのように処方されるのでしょうか?

現在、睡眠治療薬の主流となっているのは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。このベンゾジアゼピン系睡眠薬にはいろいろな薬剤があるのですが、作用時間によって「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」の4つのタイプに分けられます。作用時間は、超短時間型で2~6時間、短時間型は6~12時間、中時間型は12~24時間、長時間型は24時間以上です。

一方、不眠症状には入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒の4つのタイプがあります。したがって睡眠薬の選択は、作用時間と不眠症状のタイプの組み合わせによって判断されます。一般に入眠障害には超短時間型や短時間型、中途覚醒には中時間型、熟眠障害と早朝覚醒には長時間型を使います。

医師は患者がどのタイプの病態か判断して最適の処方をします。例えば、精神生理性不眠症は、入眠障害が主な訴えになるので、超短時間型のトリアゾラムや短時間型のプロチゾラムを用います。適切な薬を処方されるために、患者が医師に正確に病状を伝える必要があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬の副作用

うつ病による不眠症状

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ