睡眠薬の副作用

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用のイメージ

現在用いられている睡眠薬は、どれもきわめて安全なものといわれています。とはいえ、副作用がないというわけではありません。もちろん過去のバルビツール酸系のように、依存性や耐性のような重大な問題は起こりません。しかし医師の指示を守らなかったり、睡眠薬の性質が作用して、副作用をもたらすことがあります。そこで睡眠薬による副作用について以下に説明します。

睡眠薬の様々な副作用に悩まされるようであれば、すぐに医師に報告して相談してください。副作用がでたからといって、自分の判断で勝手に薬の服用を中止しないことです。

医師は患者に副作用があれば、それが不眠症による従来からの病状なのか、睡眠薬によるものなのかよく検討します。そのうえで睡眠薬による副作用が認められれば、投与量を調整したり、作用時間の異なるものに変更したりします。

 

(持ち越し効果)

持ち越し効果は、不眠症患者が睡眠薬を服用したときに、最も多くみられる副作用です。これは睡眠薬の作用が、起床時や起床後もしばらく持続する現象です。日中の眠気やぼんやり感の他、脱力感、頭重感、倦怠感、ふらつきも伴います。

 

(記憶障害)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬には、本来、健忘作用があります。したがって医師の指示を守らず、多量に薬を飲むと、記憶障害があらわれることがあります。アルコールと睡眠薬を同時に摂取しても、記憶障害がみられます。記憶障害というのは、ほとんどの場合は就寝前の服用後から起床まで、あるいは翌朝目が覚めてしばらくの間、その感の出来事を覚えていないといった症状のことです。ただし睡眠薬が体内から排泄されると、記憶は正常に戻ります。また、睡眠薬を飲むと頭がぼけるといったイメージがある人も多いようですが、これも全くの誤解で、記憶障害とぼけることとは別で、あくまでも一過性の副作用です。

 

(筋弛緩作用)

睡眠薬には、もともと筋弛緩作用があります。高齢者になるほど、副作用として筋弛緩作用があらわれやすくなります。高齢者の場合、睡眠薬を服用後にふらついて転倒し、骨折をすることもあるので、服用後はただちに就寝するなどの注意を払ってください。

 

(奇異反応)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬ではほとんど起こりませんが、極稀に奇異・奇妙な行動がみられることがあります。上機嫌または攻撃的になり、抑制を著しく欠く行動をとったりします。これは睡眠薬の投与によって、不安や興奮などが高まった結果起こります。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬とアルコール

睡眠薬の処方

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ