睡眠薬とアルコール

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬とアルコール

睡眠薬とアルコールのイメージ

睡眠薬の服用の注意点として、アルコールとの関連性があります。昔から日本では、眠れないときには寝酒を飲むという習慣があります。世界各国との比較でも、眠れないときの対処法としてアルコールを飲むのは、日本が世界一といわれています。たしかにアルコールは中枢神経に作用し、リラックスして入眠を促すことができます。しかし、そうした作用は睡眠の後半まで続かず、中途覚醒しやすくなります。つまり、入眠することに効果があっても、睡眠の質は低下し、結果として解消法とはならないのです。

しかも、ただ眠れないときに飲むならまだしも、睡眠薬を服用中にアルコールを飲むとなると、大問題といえます。睡眠薬とアルコールは絶対に一緒に飲んではならないものなのです。

睡眠薬とアルコールを一緒に摂取すると、記憶障害などの副作用があらわれます。またアルコールは睡眠薬の代謝を阻害して、体内で高い濃度を保ったまま、効果を持続させます。一方、ベンゾジアゼピン系睡眠薬とアルコールは、それぞれ中枢神経を抑制させます。つまりアルコールと睡眠薬を同時に服用すると、互いの作用が強化されすぎてしまうのです。

睡眠薬とアルコールの同時摂取は、副作用の出現とともに、睡眠薬の効果も正しく発揮されません。なので、治療のために睡眠薬を服用中のときは、少なくとも睡眠薬を飲む日は、晩酌や寝酒などを避けてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症改善 アロマオイルの使いかた

睡眠薬の副作用

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ