不眠症改善 アロマオイルの使いかた

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症改善 アロマオイルの使いかた

不眠症改善 アロマオイルの使いかたのイメージ

不眠改善として、アロマテラピーを行なうならば、以下の方法でアロマオイルを使用するといいでしょう。

 

①吸引法

精神的な問題や呼吸器系の疾患には、アロマオイルの心地良い芳香を吸引する方法が効果的とされています。ミスト状に噴出して間接的に芳香を吸引する装置や、直接ティッシュペーパーにアロマオイルを3~5的染み込ませて、それを鼻に近づけて吸引する簡単な方法があります。

イライラや不安、心配事で落ち着かないようなときは、手首の内側に真正ラベンダーを1滴そのままつけてすり込み、さらにその香りを鼻に近づけて吸引すると落ち着きます。この方法は就寝30分前に行なうと、睡眠誘発によい効果をもたらします。

皮膚が敏感で、アロマオイルを直接つけることが苦手な人は、枕の横にタオルを置きそこにアロマオイルを染み込ませて揮発させ、間接的に香りを吸引してください。

蒸気吸引法という行い方もあります。ボウルにお湯を2カップほど入れ、お好みのアロマオイルを2~3滴落として、その芳香の蒸気を吸引します。およそ5分、蒸気が逃げないように頭からタオルを被り、鼻と口で呼吸に合わせて芳香の蒸気を吸引します。風邪気味のときには、1日2~3回、集中的に行なうと効果的です。

 

②蒸散法

蒸散法は室内の空気の浄化に適しています。料理の後の臭いを消したいとき、蚊よけなどの防虫、さらにちょっと気分を変えたいときにも有効です。

最近はスチームディフューザーというアロマオイルを霧状に蒸散させ、空気中に拡散させるものがあり、これは安全で便利なものです。30分間や60分間といってタイマーセットもできるので、寝室に真正ラベンダー、プチグレン、リトセア、ベルガモット、マンダリン、ローズウッド、ローズ、イランイランなどを蒸散させることにより、幸せな気分になり、入眠しやすくなり不眠症改善に効果をもたらすでしょう。

 

③塗布法

不眠の場合には、就寝30分前に手首と足の裏の土踏まずにアロマオイルを塗布するのが簡単な方法です。オイルは原液ではなく、ホホバ油やグレープシードオイルなどの植物油に、1~5%ぐらいまでの濃度で記者クラブブレンドしたものを使用するようにしてください。

 

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を改善するためのアロマオイルの選び方

睡眠薬とアルコール

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ