不眠に効くアロマの芳香作用

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠に効くアロマの芳香作用

不眠に効くアロマの芳香作用のイメージ

不眠に効果があると注目されているアロマセラピーですが、エッセンシャルオイルの芳香成分がどう作用するのかを説明します。

エッセンシャルオイルを鼻に近づけて吸入すると、香りの分子は鼻の奥にある粘膜(嗅上皮)に到達します。この嗅上皮の粘膜に香りの分子が溶け込み、嗅上皮にある嗅細胞が香りの分子をとらえて電気信号に変換します。電気信号に変えられた香りの情報が脳へと送られ、記憶の脳といわれる海馬と好き嫌いの脳または精神の脳と呼ばれる扁桃核に到達し、分析されます。

次に自律神経、ホルモン系を支配する視床下部に伝達され、視床、下垂体、縫線核、青斑へと送られ、それぞれに関連する神経化学物質を分泌します。他の感覚はいろいろな経路をたどりますが、嗅覚だけはこうしてダイレクトに伝わります。不眠症やうつ病、神経症、不安症と呼ばれる病気の多くは、こうした神経物質が偏ることで起きるともいわれています。

エッセンシャルオイルは植物から得られるので、人間の神経化学物質やホルモンに似た成分が含まれています。その分子構造が類似しているため、神経細胞のスイッチの役割を果たし、鎮静作用や抗不安作用をあらわすと考えられています。

また吸引によって同時に肺にも吸収され、そこから血液に取り込まれ全身をめぐります。心臓および血管動脈中枢に作用して血液量を加減し、血圧、心拍数、自律神経系にも影響を与えます。

あわせてよみたい不眠症の知識

アロマセラピーで不眠を解消する

不眠を改善するためのアロマオイルの選び方

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ