不眠症のツボを効果的に実践する方法3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症のツボを効果的に実践する方法3

不眠症のツボを効果的に実践する方法3のイメージ

さらに、興味のわかない本、哲学など難解な本を読むことは、言わずと知れた睡眠療法です。羊を数えるということも、これに属しています。興味がわかないものに接すると、血圧が低下して、心も疲れてくるのです。これによって、眠くなります。授業中に眠くなるのと同じ原理でもあります。そして、寝る前には、部屋の空気を入れ替えることも重要です。新鮮な空気は、快適な眠りには欠かせません。冷えが眠気を阻害することもあることから、換気してからは適度な室温を保つことも忘れないで下さい。また、自然な姿勢を心掛けましょう。右を下、足は少し曲げ、右手は肘を曲げ枕の前に、左手はももの上というのが、実は寝やすい姿勢だと言われています。この姿勢は、心臓への負担も少ないのが特徴です。足に関連して、足下を暖めることも有効です。冷え症の人は特に、「あんか(木または土製の枠の中の火入れに火を入れて、手足を温める小型の暖房具)」や湯たんぽでなどで足を温めると良いでしょう。頭寒足熱という効果が期待出来ます。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症のツボを効果的に実践する方法2

不眠症に効く足ツボマッサージ1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ