不眠症のツボを効果的に実践する方法2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症のツボを効果的に実践する方法2

不眠症のツボを効果的に実践する方法2のイメージ

不眠症のツボを効果的に実践する方法の続きになります。香りを使うことも有効です。アロマテラピーなど、芳香(かぐわしい香り)療法は気持ちを鎮めてくれる働きを有しています。また、単調な音(楽)を聴くことも良いでしょう。扇風機のような単調なリズムを刻む音、波が打ち寄せる音、カモメの鳴き声などのような、自然の環境音楽が特に効果的です。さらに音に関連して、「モーツアルト(18世紀後期古典派音楽の代表者で、ソナタ・弦楽四重奏曲・交響曲などの形式を確立したハイドンとならぶ、ウィーン古典派音楽―18世紀後半から19世紀初頭にかけての西洋音楽の様式―の代表者で、器楽・声楽の両分野にわたり、600曲以上の作品を残していて、作品には、交響曲・協奏曲・室内楽曲・ピアノソナタのほか、オペラ―フィガロの結婚、ドン=ジョバンニ、魔笛などがある、オーストリアの作曲家)」の曲を聴いてみて下さい。モーツアルトは、神経の高ぶりを抑える作用があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症のツボを効果的に実践する方法1

不眠症のツボを効果的に実践する方法3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ