不眠解消対策【夜の食事方法】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠解消対策【夜の食事方法】

不眠解消対策【夜の食事方法】のイメージ

快適な眠りにつくためには、就寝3時間前までに夕食を済ませておくのが理想的です。とはいっても、夜遅くに帰宅し、寝るまでの時間が短いからといって夕食をぬくと、空腹で眠れないことがあります。夕食を遅くとる場合には、眠りの妨げにならないように、食事内容を工夫するようにしましょう。

食べ物が胃の中に停滞する時間は、平均して2~3時間です。炭水化物がもっと短く3~4分、次にたんぱく質、脂質の順に時間がかかり、胃の中は長くても食後6~8時間で空になります。遅めの食事をとる場合には、ご飯などの炭水化物が中心の、脂質の少ないものを選ぶようにするといいです。温かいもの、水分の多いもの、具の小さいもの、は消化吸収が比較的スムーズなのでお勧めです。

適度に消化吸収の済んだ状態で眠りにつけば、睡眠中は内臓が十分に休息でき、ぐっすりと眠れます。翌朝は適度な空腹感を感じて起きられ、朝食がおいしく食べれます。

どうしてもお腹が空いて眠れないときは、ホットミルクやビスケットなどの軽食をとるといいです。温かい飲み物は体を温め、適度な糖分によってリラックス感が得られ、眠りにつきやすくしてくれます。空腹で我慢して、眠れない時間を増やすなら、睡眠時間を確保するほうが健康にとっては大切です。

カモミールやラベンダーなどのリラックス効果のあるハーブティーもおすすめです。茶葉の香りを楽しみながら、ゆったりとした気分で、もう一度ふとんに入るのもいいです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効果がある食事方法

不眠症・寝不足解消に効くツボ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ