不眠に効果がある食事方法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠に効果がある食事方法

不眠に効果がある食事方法のイメージ

快眠リズムをつくる食事方法を紹介します。1日の体内リズムは、食事を規則正しく3食摂ることで整えられます。毎朝、朝食を決まった時間にとる習慣が、昼と夜のメリハリをつけ、睡眠リズムを整えます。

また、可能であれば、次の食事までの時間は約6時間を目安にするとより効果的です。例えば、7時に朝食を取ったならば、13時に昼食、19時に夕食というように、規則正しく食事を摂ることが、体内の睡眠にかかわるホルモンの働きを正常にし、不眠解消へと促すのです。

3色のバランスも大切で、睡眠の質に影響を与えます。1日の活動のエネルギー源である朝と、昼の食事で7割、夕食は全体の3割程度に抑えるのが理想的です。仕事も終えて、リラックスして、団欒を楽しむ夕食は、どうしても多くなりがちですが、寝る直前に胃に食べ物が残っていると、眠りの妨げとなってしまいます。

ゆっくりと噛んで食べれば、満腹感を十分に得ることができ、食べ過ぎ防止と、消化時間の短縮につながるので、不眠解消及び安眠に対しては効果が高いです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症を解消する食べ物⑤

不眠解消対策【夜の食事方法】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ