うつ病による不眠症

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

うつ病による不眠症

うつ病による不眠症のイメージ

「何だか最近よく眠れない」といた不眠の症状は、睡眠環境を整えたり、睡眠薬を効果的に使用したりすることで、改善することが可能です。しかし、不眠症状の背景にうつ病が隠れているケースは、注意が必要です。

不眠症状は、うつ病患者に非常に多く見られるものです。不眠症状については比較的自覚しやすいものですが、うつ病に関しては自分では自覚しにくものです。不眠の原因がうつ病なのに、ただ睡眠薬を使用しても、根本的な解決にはなりません。また、うつ病だとわからず治療が遅れると、完治するまで長引く可能性もあるのです。

うつ病による不眠では、早朝に目が覚めてその後眠れなくなる早朝覚醒が最もよくみられます。不眠が続くと感じれれたときには、単なる不眠だと決めつけずに、うつ病の可能性も考慮して考えてください。最近ストレスが溜まっていないか、他にうつ病が疑われる症状(「気分が落ち込む」「物事に興味が持てない」「体重の減少」「疲れやすい」「集中力の低下」「死にたいと考える」)がないかをチェックするようにしてください。

うつ病の中には、ある季節にだけうつ病の症状がおこるものがあります。これを「季節性うつ病」といい、普通のうつ病とは区別して考えられています。秋から冬に発症する傾向が高く、夏と冬の日照時間差異が大きいために、生体リズムが変化することが原因で起こると考えられています。女性に多く、うつ病の他に、過眠や過食、体重増などを引き起こします。

季節性うつ病の予防や改善には、太陽の光や、証明の明かりをたっぷりと浴びることが有効的だといわれています。毎朝一定の時間、蛍光灯の明るい光を浴びる療法を行なうことによって、生体リズムが整えられて、うつ病の症状がかなり改善されたというケースが多く見られています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を解消するアロマ

不眠症を解消する食べ物

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ