不眠に効果があるツボ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠に効果があるツボ

不眠に効果があるツボのイメージ

不眠に効果があるツボを紹介します。ふとんの中で寝付けない状態が続くのは、とてもつらいことです。脚がむずむずしたり、いびきがひどい、などの目立った症状がない場合は、日常生活のストレスが原因だと思われます。そういった場合は、お風呂上りなどにこれらのツボを刺激して心と体をリラックスさせてください。

 

【首の筋肉をほぐすツボ】

首の筋肉がほぐれることで血流がよくなり、スムーズに眠りにつくことができるようになります。

①「完骨」のツボ

耳の後ろの骨の下端にある浅いくぼみにあるツボです。このツボを5秒押して5秒休みます。これを3回行なってください。(「完骨」の正確な位置が分からなければ、グーグルで「完骨」と入力して検索してみてください。すぐに見つかります。)

②「天柱」のツボ

髪の生え際の、首の筋肉の外側にあります。このツボを5秒押して5秒休みます。これを3回行なってください。。(「天柱」の正確な位置が分からなければ、グーグルで「天柱」と入力して検索してみてください。すぐに見つかります。)

 

【背中の筋肉をほぐすツボ】

疲れているのに眠れないといった時はありませんか?これは、自律神経の切り替えがうまくいかずに、張り詰めた状態にあるときに起こります。こういった場合、以下に紹介するツボが効きます。

①「膈兪」のツボ

肩甲骨の下端の高さで背骨から指幅2本分外側にあります。このツボを10秒刺激して3秒休みます。これを5回行なってください。(「膈兪」の正確な位置が分からなければ、グーグルで「膈兪」と入力して検索してみてください。すぐに見つかります。)

 

【足裏をから温めるツボ】

足裏のツボを刺激することにより、全身の血液の流れがよくなって、ぐっすりと眠ることができます。

①「失眠」のツボ

足裏の中心線上で、かかとと土踏まずの境目にあります。このツボを10秒押して5秒休みます。これを3回行なってください。(「失眠」の正確な位置が分からなければ、グーグルで「失眠」と入力して検索してみてください。すぐに見つかります。)

 

ツボを押す長さは、3~5秒が目安ですが、それでも物足りないと感じたら、もう少し長めに押しても問題ありません。また、ツボを押すときは指だけでなく、ボールペンや口紅など、ツボの場所に応じて身の回りのものを利用するといいでしょう。弱い力でも確実な刺激を加えられるので、ツボ刺激には非常に有効的です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の1種「かくれ不眠」をチェックする5

不眠を解消するアロマ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ