不眠症のチェックは鬱病のチェック

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症のチェックは鬱病のチェック

不眠症のチェックは鬱病のチェックのイメージ

実は、不眠症である「眠れない」という原因は、別にある場合も少なくありません。例えば、痛みがある場合などは、特に早めに受診する必要があります。どこが痛むかによっても、受診外来の科が変わってくるので注意して下さい。また、痛みで眠れない場合には、痛みの箇所をその該当する外来で診察して貰うようにしましょう。さらに、不眠が2週間以上続いている場合、もしかしたら「鬱(うつ)病(気がめいって気力が出ず、劣等感・不安・えんせい的気分・絶望感などにとらえられる、躁鬱病の鬱状態として現れる場合と、単独で現れる場合とがある)」のサインである可能性があります。鬱病が隠れた不眠は、働き盛りの40代~50代の男性に多いと言われています。精神科受診をためらう世代だからこそ、2週間以上不眠が続く場合は、鬱病を早期発見するためにも早めの専門機関への受診をお勧めします。年間3万人を超えると言われている、日本の自殺者は、圧倒的に40代~50代に占められているのです。働き盛りに多いため、きちん寝ているかどうか、眠れる状態が作れているのかどうか、健康のバロメーターでもあるので、しっかりとチェックして下さい。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症におけるチェックの詳細項目2

不眠の原因を見つける

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ