これだけで不眠症のチェックと対策2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

これだけで不眠症のチェックと対策2

これだけで不眠症のチェックと対策2のイメージ

不眠症をチェックする際には、日中においての自分の状態を知っておくことも大切です。具体的には、乗り物に乗っているとき眠ってしまう、テレビを見ながらうとうとする、座ると10分もしないうちに居眠りしてしまう、友人宅を訪問中にも関わらず眠ってしまう、誰かとの会話中に眠ってしまう、車を運転すると数分でうとうとしてくる、15分も読書すると眠くなる、リラックスしているとうとうとする、などが挙げられています。このようなチェック項目の中でも、当てはまるものが2つ以上でもあった場合には、専門の医師に睡眠について相談した方が賢明です。適切な医療機関に行く前にするべきことは、睡眠日誌をつけることです。医師に状態を正確に伝えることは、診断と治療のための重要な情報になるからです。睡眠障害の診断において、患者さんの睡眠状態を把握するためにも、綿密な問診が行われることになります。だからこそ、約1週間ほどで良いので、睡眠日誌をつけておくと非常に便利です。睡眠日誌には、何時に就寝し、何時に起床し、何時間眠ったかを記録して下さい。状態を的確に報告することで、医師が病態を判断し、最善の治療をしてくれるはずです。

あわせてよみたい不眠症の知識

これだけで不眠症のチェックと対策1

不眠症におけるチェックの詳細項目1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ