不眠症対策になる安眠グッズ  

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策になる安眠グッズ  

不眠症対策になる安眠グッズ  のイメージ

不眠症対策にある安眠グッズは多々ありますが、快適な眠りへと導くためには寝具の選び方が重要となってきます。ここでは、ふとんとまくらの選び方について紹介します。

まず、ふとんの選び方についてです。気持よく眠れるふとんというと、フカフカのふとんを思い浮かべる方も多くいるかと思います。しかし、フカフカのふとんは安眠を妨げるグッズとなるのです。ふかふかのふとんは、体が不自然に沈み込んでしまうので、不眠の原因となってしまうだけでなく健康にもよくありません。不眠症対策として安眠へと導くふとんは、寝たときに体の表面が均等に当たるものが理想的です。マットレスもふとんも、固めのほうが体が沈み込まないので疲れを感じることがないです。

次に枕の選び方です。枕もふとんと同様に柔らかすぎると、頭が沈んで首の周りに負担が掛かり続けます。逆に固すぎても、頸椎や背骨が曲がってしまい、習慣化すると、健康への悪影響があります。横になったり。仰向けになったりしたとき、頸椎や背骨に無理な負荷が掛からないものが理想的です。寝具売り場に行って、実際に頭を当てて感覚を測ってから購入すると、納得のいく枕を探し当てることができるでしょう。日本では昔から親しまれているそば殻の枕は、固すぎず柔らかすぎず、湿気や熱も吸収するよい枕の代表格です。

最後に不眠症対策になる安眠グッズとして紹介したいのが、アイマスクです。アイマスクの選ぶ基準としては、遮光性の高いものを選んでください。遮光性の高いアイマスクをつけると、外から入ってくる光が遮断されて非常に落ち着きます。人間の体は、暗闇の中で寝ると、ぐっすり眠れて、ホルモンが分泌され、心身共に回復するようにできています。電気をつけないと眠れないという人は、元々眠りが浅い可能性があります。暗がりで眠れるように工夫してみることをお勧めします。アイマスクは、どうしても神経が高ぶり眠れないときや、オフィスなどの明るい場所で一寝入りするときに重宝するのでぜひお試しください。 

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の症状について

不眠症状のタイプについて

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ