不眠症の症状について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の症状について

不眠症の症状についてのイメージ

不眠症の症状として、細かく分けると以下のタイプに分類されます。こういった症状が度重なり、慢性化している状態を不眠症といいます。ここ最近では、ストレス社会の到来に伴い、不眠症に悩む人が増加傾向にあり、5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みをもっており、そして10人に1人が不眠で悩んでいるという調査結果がでています。

①寝付きが悪く、いつまでも眠れない。

②眠りが浅く、夜中に目が覚める。

③いったん目が覚めると、眠れなくなる。

①のタイプは、神経質で責任感が強く、几帳面な人に多くみられる症状です。「早く眠らないと明日の仕事に差し支える」などと過剰に反応することで、眠りに対して非常にナーバスになってしまい、心身ともに緊張状態になってしまいがちです。そのため、ようやく眠りかけても、ちょっとしたことで目が覚めてしまい、それからまたしばらくは眠れなかったりすることが多いです。小さいことはあまり気にせず、生活や仕事の不安を寝床に持ち込まないようにすることが大切です。

②のタイプの人は、神経過敏な人に多く見られる症状です。知覚神経が普通の人より鋭いために、ちょっとした物音にもすぐに目を覚ましてしまいます。このタイプの不眠症状の人は、軽い運動をしたり、ぬるめのお風呂に入ったり、と寝床に付くときに自律神経がゆるやかな状態にすることが大切です。

③のタイプの不眠症状は、環境が一時的に変化することによってしばしば引き起こります。例えば、出張したり、他人の家に泊まったり、海外旅行から帰ってきて時差ボケが続いているとき、などにみられます。これは、自分が持っていた生活リズムが急に壊されることによって、眠りのリズムが乱れるためです。この状態は決して長続きすることはないので、あまり心配しないようにしてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の原因

不眠症対策になる安眠グッズ  

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ