不眠症が慢性化した際の影響

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症が慢性化した際の影響

不眠症が慢性化した際の影響のイメージ

睡眠のもっとも大きな役割は、脳と体に休養を与えることです。しかし、体と脳を休ませるための睡眠が十分でないと、心身にさまざまな影響を及ぼします。代表的な症状として以下のものが挙げられます。

①集中力・判断力の低下

日中に耐え難い眠気に襲われて、ミスや事故を起こしやすくなります。

②気分がうつ気味になる

睡眠不足によって、自律神経を休めることもままならなくなります。そうすると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなり、気分がうつ気味になります。

③血糖値が上がる

インシュリンが分泌しているにも関わらず、血糖値が下がりにくくなる耐糖低下という状態になり、寝不足が数日続いただけで、血糖値が上がります。なので、糖尿病を患っている人は、病気を悪化させる危険性があります。

④血圧が上がる

睡眠不足により自律神経が十分に休息できないため、交感神経が緊張して血圧が上がりやすくなります。実際、高血圧の人が不眠症の場合、睡眠薬で眠れるようになると血圧が下がるといった例があります。

⑤免疫機能の低下

疫学調査によると、睡眠不足は免疫機能を低下させ、生活習慣病や心疾患のリスクを高くするといった統計結果があります。寝不足が続くと風邪をひきやすくなるのは、免疫機能が下がっていることが原因なのです。

⑥食欲が亢進する

睡眠不足なると、食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌が抑えされ、食欲増進ホルモンであるグレリンの分泌が盛んになります。このため、慢性的に睡眠不足が続くと太りやすくなり、生活習慣病などの発症につながります。

あわせてよみたい不眠症の知識

寝起き後にオススメしたいストレッチ

不眠症に効くツボ療法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ