不眠症の薬の働き2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の薬の働き2

不眠症の薬の働き2のイメージ

不眠症の治療として、近年になってから主として使用されている、「ベンゾジアゼピン関連物質」の睡眠薬には、実に多くの種類が存在しています。ベンゾジアゼピン関連物質においては、穏やかに眠りへと導いてくれる効果、つまり「催眠作用」の他にも、不安を和らげる効果である「抗不安作用」、それに伴う、筋肉の緊張をほぐしてくれる効果である「筋弛緩作用」が含まれています。これは、薬の種類によって、力を発揮する効果が異なっているので、自分に合ったものを医師と相談するようにしましょう。さらには、薬効として、血中の薬物濃度が、服用した時から最高値の半分になるまでの時間である、消失半減期が短いものと、長いものとに分類されているので、睡眠薬を選ぶ時には参考にして下さい。具体的には、不安が強い場合は抗不安作用のあるものを、そして、肩こりや頭痛などがある場合には、筋弛緩作用のあるものを、また、転倒が心配されるお年寄りには、筋弛緩作用が弱いものをというように、その人の年齢や、発現している症状などに応じて、それぞれの患者さんに適した薬が処方されることになります。専門機関を受診した時には、自分の不眠の症状を、詳しく正確に医師に伝えられるように、普段から自分の状態を意識していることも大切です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の薬の働き1

不眠症の薬の飲み方

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ