不眠症の薬の働き1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の薬の働き1

不眠症の薬の働き1のイメージ

近年における不眠症の治療には、作用が穏やかで、自然な眠りに誘ってくれる、「ベンゾジアゼピン」関連物質の睡眠薬が、主として使われています。薬、特に睡眠薬に対するイメージとして、体に悪いことや、依存性があるなどという、マイナスな意見がよく見受けられます。なぜ、このような意見が今でも多いのかというと、以前まで使用されていた、「バルビツール酸系」と称されている睡眠薬は、大量に飲むことによって、死に至るケースがありました。さらには、服用を継続すると、耐性が出来てしまい、量を増やさないと効かなくなってしまうなど、安全性にも多くの問題があったそうです。しかしながらも、最近になって処方されている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン関連物質と呼ばれている、全く新しいタイプのものになります。ベンゾジアゼピン関連物質の睡眠薬は、自然な眠気を起こさせるという、安全性の非常に高いとされる薬剤です。医師の処方に従って、適切に使用することが出来れば、バルビツール酸系で見られた副作用は、ほぼ皆無だと言うことです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならない習慣2

不眠症の薬の働き2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ