不眠症にならない習慣2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならない習慣2

不眠症にならない習慣2のイメージ

不眠症にならないようにするには、規則正しい3度の食事と、規則的な運動習慣も大切です。規則正しい食事は、実は体内時計のリズムを整える働きを有しているのです。特に朝食は重要で、朝の目覚めを促進してくれます。そして、逆に夜食を食べ過ぎてしまうと、寝付きが悪くなってしまうのです。また、運動習慣のある人は、不眠になりにくいと言われています。さらに、昼寝の習慣がある人の場合、適切な時間は、15時より前で、20~30分程度が良いと言われています。昼食後から、15時までの時間帯での30分未満の昼寝は、日中の眠気を解消してくれるだけでなく、その後に、気持ち良く過ごすことが出来ます。睡眠中に、眠りが浅いと感じる時には、積極的に遅寝・早起きにすることをお勧めします。なぜなら、必要以上に長く布団の中で過ごす習慣が付いてしまうと、睡眠が浅くなる傾向になることが分かっています。そのような症状がある場合には、就床時間を減らして、必要な分だけ布団で過ごすようにすると、熟眠感が増すようになるでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症にならない習慣1

不眠症の薬の働き1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ