不眠症にならない習慣1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にならない習慣1

不眠症にならない習慣1のイメージ

不眠症にならないように、快適に睡眠時間を送るためには、「光(太陽)」を利用することが良いと言われています。この光を浴びるタイミングに気を付けて、より良い睡眠を取れるようにしましょう。眠りの時刻は、「体内時計」によって決まっています。体内時計は、生物の体内に、元来備わっているとされている、時間測定機構になります。約1日周期のサーカディアンリズムや光周性、鳥が渡りをする際に、太陽によって方角を定めることなどから知られています。この体内時計を無視した時刻に床に入ったとしても、なかなか眠ることは出来ません。体内時計のリズムを正しく動かす方法としては、朝にしっかりと太陽の光を浴びることにあります。人間は、目から入った光を脳が感じることによって、体内時計が1日を刻み始めると言われています。そして、およそ15~16時間後にあたる夜になると、眠くなるように身体は準備を整えてくれるようになっています。体内時計を正しく機能させるためにも、毎日同じ時刻に起きることが必要です。

あわせてよみたい不眠症の知識

普段の生活の中で不眠症を解消3

不眠症にならない習慣2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ