睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?2

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?2のイメージ

お年寄りに起こりやすい症状がもし見られた場合には、まずは良い睡眠を得るために、日中に運動の習慣を持つようにしましょう。そして、布団に入っている時間を、6~7時間を目処として短くすることも重要です。さらには、夜にも趣味などで敢えて時間を過ごして、布団に入る時間を遅くするよう心掛けましょう。早朝に目が覚めても、強い光を浴びないなどして、その症状に合わせて工夫をして下さい。しかしながらも、不眠の症状が続く場合もあります。このような時には、医師に相談して、適切な治療を受ける必要があります。お年寄りが特に注意するべき症状としては、睡眠中に起こる呼吸障害である「睡眠時無呼吸症候群」、むずむず脚症候群である「レストレスレッグス症候群」、足の異常な感覚や動きを有する「周期性四肢運動障害」などが、特に見られる傾向にあります。以上のような症状が認められた場合には、睡眠の専門医を受診することをお勧めします。または、近くの医療機関にかかり、医師の紹介を受けるようにしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?1

不眠症の治療はいつ終わるのか?1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ