睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?1

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?1のイメージ

お年寄りの場合には、特に不眠などの睡眠障害が良く見られる傾向にあります。さらには、他の病気が不眠の原因になっていることもあるそうです。眠れなくて困っていたり、眠れない時に身体に異変がある時は、早めに医師に相談して下さい。年を重ねるに連れて、身体が必要としている睡眠の量が、減っていくのが普通です。仕事や家事の一線から退いたからといって、すぐに布団に入ると、なかなか眠れないことがあります。これは、入眠障害に当たるのです。また、夜中に何度も目が覚めたりことを中途覚醒と言い、睡眠が浅くなってしまうことを熟眠障害と言います。さらに、早くに布団に入ったがゆえに、早朝に目が覚めてしまうという早朝覚醒もまた、よく見られる症状です。お年寄りの場合には、他の病気を併発して、それが原因で不眠に陥っていることもあります。夜中に何度も排泄に起きてしまう頻尿や、その後になかなか寝付けないことがあります。咳、関節リウマチ、腰痛、背部痛によって、生じた痛みが眠りを妨げることも多くあるので、注意が必要です。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害は不眠症だけはない?3

睡眠障害(不眠症)はお年寄りに多い?2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ