不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること3

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること3のイメージ

不眠症において、医療機関にかかった場合に気を付けることとして、処方される副作用があり、その1つが「ふらつき」や「転倒」になります。睡眠薬が効いている場合には、夜中に排泄や水を飲みに起きた時などに、身体に力が入らないことがあります。状態としては、脱力していて、転倒に繋がるふらつきを感じるようなことです。このふらつきや転倒が起こり得る理由としては、一部の睡眠薬に催眠作用の他に、筋肉の緊張をほぐす効果である「筋弛緩作用」が含まれていることにあります。これによって、転倒して、ケガや骨折をする可能性が多分にあり、とても危険なので、お年寄りの場合は特に、注意が必要になってきます。近年においては、筋弛緩作用の少ない睡眠薬も出ています。だからこそ、ふらつきを感じて、自分に合わないと思う場合には、すぐに医師に相談しましょう。こうした作用は、アルコールと一緒に飲むと、特に現れやすい副作用だと言われています。再三になりますが、処方箋に書かれている用法をよく守り、アルコールと睡眠薬は絶対に一緒に摂取しないよう心掛けましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること2

「反跳性不眠」と「退薬症候」について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ