不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること2

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること2のイメージ

不眠症において、医療機関にかかった場合に気を付けることとして、処方される副作用があります。その1つが、「健忘(けんぼう)」です。健忘は、よく物忘れすること、そして忘れっぽいことを指します。一定期間内の記憶の一部、または全体が想起出来ない状態であり、新しい見聞を次々と忘れる前進性健忘と、ある時点から、前の記憶を失うという逆行性健忘とに分けることが出来ます。この健忘が、薬を飲んで寝るまでの間、または、薬を飲んで眠ってから、すぐに起こされたような時に、薬が効いている間に起こった出来事を、全く覚えていないことがあります。薬を飲んだ後は、処方箋の用法に従って、出来るだけ早く床に就くように心掛けましょう。すぐに布団に入れない場合には、飲むタイミングをきちんと考慮してみて下さい。さらに、飲んだ場合には、家事などの作業をしないようにしましょう。特にアルコールと一緒に睡眠薬を飲むと、健忘は起こりやすい現象だと考えられています。だからこそ、アルコールと睡眠薬は、絶対に同時に飲むべきではありません。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること1

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ