不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること1

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること1のイメージ

不眠症を解消させる対策として、医療機関にかかる場合も少なくはありません。その際、注意すべきことがいくつか存在します。病院では、薬を処方されることがあります。現在において、睡眠導入剤(睡眠薬)として主に使われているのは、ベンゾジアゼピンの関連物質になります。以前にはよく使われていた睡眠薬であるバルビツール酸系に比べると、安全性が大変高いと言われるものです。しかしながらも、副作用が起こる可能性もゼロではないのです。この薬の副作用としてまず挙げられるものが、「持ち越し作用」です。持ち越し作用とは、薬を飲んだ翌日まで、その効き目が残ることを指します。朝起きてからも、ぼうっとしたり、ふらふらしたり、集中力・注意力がなくなったり、さらには、眠気や脱力、頭痛や倦怠感などを感じたりする場合には、特に注意が必要です。催眠作用の効き目が長い睡眠薬を飲んだ時に、これらの症状は起こりやすいと言われています。上記に当てはまる場合には、医師と共に薬の量を調整したり、催眠作用の短い薬に変えたりするなどして、きちんとした対処をしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症を医師と相談する

不眠症で医療機関にかかった場合に気を付けること2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ