体温調節をして質の良い睡眠を取る2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

体温調節をして質の良い睡眠を取る2

体温調節をして質の良い睡眠を取る2のイメージ

不眠症を解消するためには、質の良い睡眠を取ることが大切です。そして、睡眠の質を良くするために、就寝時における体温調節が必要になってくるのです。寝ている際の布団の中の温度と湿度は、32~34℃、50プラスマイナス10%が、最適だと考えられています。さらに、布団の中の温度を、大体33℃程度に保つ方法としては、室温を、28℃ぐらいに設定することが望ましいでしょう。この室温を、最適に保つためには、エアコンの使用がお勧めです。しかしながらも、エアコンを使用すると体調を崩してしまうという人も多く存在しますので、より良い睡眠のためには、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。また、人間は寝ている時に、大量の汗をかくと言われています。それは、およそコップ1杯分に相当するのです。この汗が水蒸気になる際に、気化熱として体温を奪っていきます。この作用が、身体の温度を下げる役割を果たしているのです。湿気が多いと、一連の流れがスムーズに運んでいきません。湿気が多いとなかなか寝付けないのは、何だか気持ちが悪いという感覚的なものだけではなく、こうした睡眠時の体温調節の妨げになっていることが原因なのです。だからこそ、部屋や布団の中を、常に低い湿度に保つことが、質の良い睡眠には大切なのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

体温調節をして質の良い睡眠を取る1

より良い睡眠にはサプリメント?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ