副作用から見た不眠症の薬3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

副作用から見た不眠症の薬3

副作用から見た不眠症の薬3のイメージ

睡眠導入剤における、特に注意すべき副作用として、健忘と薬剤効果の持ち越し、そして薬物への依存が、主として挙げられました。最後の「依存」に関しては、その名称が示す通り、睡眠導入剤がないと、眠れなくなってしまう状態を指します。それに加えて、効能がどんどん薄くなっていって(身体に耐性が出来てしまうことから)しまうために、より効果の強いものに変えるケースが多くあります。さらには、服用量を徐々に増やしていくことも多くあり、たとえ不眠症から一時的に解放されたとしても、気づいた時には、大変な事態に陥ってしまうことも、多分に有り得るわけです。睡眠導入剤(睡眠薬)の副作用は、実はこれまでに挙げてきたものに限りません。不眠症は現代病であり、翌日の仕事や生活などにも差し支えることから、とても辛いものです。手軽に睡眠薬を使用することによって、簡単に改善したくなりますが、使用する前には、自分に合うかどうか、もう一度よく検討するようにして下さい。

あわせてよみたい不眠症の知識

副作用から見た不眠症の薬2

睡眠薬は結局のところ使うべきなのか?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ