副作用から見た不眠症の薬1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

副作用から見た不眠症の薬1

副作用から見た不眠症の薬1のイメージ

不眠症を改善させるために、その対策の1つとして講じられているのが、「睡眠導入剤(睡眠薬)」になります。しかしながらも、この睡眠薬には、副作用が様々に存在するのです。まずは、軽い症状として、「動悸(どうき、心臓の鼓動がいつもより激しく打つこと)」、「不整脈(ふせいみゃく、脈拍のリズムが不規則になること)」、「便秘」、「下痢」、「吐き気」、「発疹(皮膚や粘膜に現れる色や形の病的変化)」、「頭痛」などが挙げられます。それ以外として、私たちが特に気を付ける必要があるのが、これから説明をする3つになります。まずは、記憶障害にあたる「健忘(けんぼう、新しい見聞を次々と忘れる前進性健忘と、ある時点から前の記憶を失う逆行性健忘とに分けられる、一定期間内の記憶の一部または全体が想起できない状態)」、そして、薬剤効果の「持ち越し(消化されずに胃の中に残っているもの)」、最後に「依存(他に頼って存在、または生活すること)」になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の薬の種類

副作用から見た不眠症の薬2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ