不眠症の薬の種類

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の薬の種類

不眠症の薬の種類のイメージ

不眠症を改善されるために処方される、代表的なものとしては、睡眠導入剤が挙げられます。睡眠導入剤は、不眠症や睡眠障害などに主として用いて、睡眠へと導く薬になります。これは、一般的に言われている睡眠薬や睡眠剤と同義になります。これらの薬は、科学的な内部構造によって、系統が分けられています。1・ベンゾジアゼピン系、2・チエノジアゼピン系、3・バルビツール酸系、4・シクロピロロン系、5・抗ヒスタミン薬になります。その作用時間もまた、薬によって異なるため、分類されています。1・超短時間作用型、2・短時間作用型、3・中時間作用型、4・長時間作用型の4つになります。次に、具体的な睡眠導入剤を紹介していきます。トリアゾラム・ベンゾジアゼピン系-超短時間作用型である「ハルシオン」、酒石酸ゾルピデム・イミダゾピリジン系-超短時間作用型である「マイスリー」、エチゾラム・チエノジアゼピン系-短時間作用型である「デパス」、ブロチゾラム・チエノジアゼピン系-短時間作用型である「レンドルミン」、ペントバルビタール・バルビツール酸系-短-中時間作用型である「ラボナ」、ニトラゼパム・ベンゾジアゼピン系-中時間作用型である「ベンザリン」、フェノバルビタール・バルビツール酸系-長時間作用型である「フェノバール」になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症への対策3

副作用から見た不眠症の薬1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ