不眠症における文化と地域差3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における文化と地域差3

不眠症における文化と地域差3のイメージ

前項で説明したお風呂での居眠りは、意識障害・気絶症状に近いことから、溺死につながるおそれもあるため、充分に注意する必要があります。2001年2月には、NHKの調査が発表されています。これによると、日本人の平均睡眠時間は、平日において7時間26分、土曜日では7時間41分、日曜日では8時間13分であることが分かっています。年齢を重ねるについれて、早寝早起きの習慣が身に付いてくるのだと、一般的には考えられています。しかしながらも、その状態が本当に習慣であるのか、高齢者に多く見られるとされる「睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん、慢性的な入眠時間の前進・早眠、覚醒時間の前進・深夜覚醒・再入眠困難という、概日リズム睡眠障害の病態のひとつ)」の症状であるのかは、簡単には判断が付かないそうです。ちなみに仏教思想と結び付けることで、頭を北にして、足を南に配置する形で寝ることは、北枕と呼ばれて、今でも忌避している人が多いとされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における文化と地域差2

睡眠のリズムについて

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ