不眠症における文化と地域差2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における文化と地域差2

不眠症における文化と地域差2のイメージ

現代日本においては、電車やバスによる通勤や通学をする人が多くなっています。このような交通機関では、治安は非常に良いことが特徴でもあるため、その中で眠ることも珍しくはないのではないでしょうか。肉体労働が含まれる職種の場合、昼の食事の後に午後の作業開始までの間の、短い睡眠を取ることがあるようです。ちなみに、座ったままで眠る行為のことを、居眠りと呼んでいます。授業中や仕事中、さらには運転中などの眠ってはいけない場所や場合では、無意識の中で居眠りをしてしまうことがあります。私たちが主な睡眠とする夜では、伝統的とされる姿勢として、体を横たえて布団の中やベッドの上で取られることになります。この横になること自体を、寝ると言うこともあります。お風呂の中で居眠りをしてしまう場合、これは疲れの現れだと言われています。しかしながらも、温浴によって血管が拡張し、血圧低下を引き起こしたことによる意識障害、つまり気絶症状に類似している状態に近いとも考えられており、居眠りとは完全には一致しないそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における文化と地域差1

不眠症における文化と地域差3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ