不眠症における文化と地域差1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における文化と地域差1

不眠症における文化と地域差1のイメージ

睡眠(不眠)を世界的に見ていくと、例えばスペインを始めとした地中海地方などにおいては、昼食の後に睡眠を含んだ一休みをするという、「シエスタ(午睡)」の風習があるそうです。2000年代に入ると、ライフハックと呼ばれるハッカー文化の一端にある仕事術の延長が存在し、ここでは短時間の昼寝が注目されているという現象が見られます。シエスタはスペイン語で、お昼・その時間の昼休憩を指す言葉になります。目安としては、13時~16時になります。そもそもシエスタという言葉は、ラテン語の第6時に由来しています。これは日の出を基準としていて、日の出から6時間後を言います。大体、正午辺りの時間帯になります。ポルトガル語においては、同語源の言葉で、セスタと呼ばれています。シエスタは、昼寝を意味するものではありません。長い昼休みの間、何をしても良いという意味なのだそうです。たとえ寝ていなくとも、シエスタなのです。しかしながらも、労働時間の増加によって、地中海地方の国々であっても、シエスタを行えない企業が右肩上がりだという検証もされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

動物にも不眠症はあるのか?2

不眠症における文化と地域差2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ