睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」2

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」2のイメージ

軍隊使用のための新技術開発や研究を行っているアメリカ国防総省の機関、国防高等研究計画局(DARPA)の研究の中では、兵士が最高レベルの体調を持続しながらも、作戦遂行するためのプロジェクトというものが存在しています。これは、メタボリック・ドミナンスと言われています。この中では、オレキシンをスプレー化したものを吸入することによって、睡眠の代わりとして使用するといった研究が日々行われているそうです。オレキシンの作用を阻害する薬物としては、オレキシン受容体拮抗薬が開発されています。この薬は、睡眠導入を目的として期待されているのです。ちなみにDARPAは、日本では防衛高等研究計画局、国防高等研究事業局、国防高等研究計画庁などと表記されています。ARPAの時期に、インターネットの原型であるARPANET・全地球測位システムのGPSを開発したことが周知されています。オレキシンは、神経細胞に含有されるペプチドであり、これは脳内に多く存在しており、神経伝達物質として重要となっています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」1

動物にも不眠症はあるのか?1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ