睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」1

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」1のイメージ

不眠症の原因となる神経伝達物質の1つとして、「オレキシン」が挙げられます。オレキシンは、1998年に発見された、神経ペプチドになります。オレキシンAとオレキシンBとに分かれています。視床下部外側野に存在している神経細胞が、オレキシンを産生しています。別称として、ヒポクレチンがあります。オレキシンは、食欲や報酬系に関わるだけでなく、睡眠や覚醒を制御することで周知されています。オレキシンを生成している神経細胞は、消滅することによって、ナルコレプシーという睡眠障害に発展していくのです。ナルコレプシーは、日中において、場所や状況を選ばずに生じ得る、強い眠気の発作を主とした症状の脳疾患、睡眠障害になります。笑い・喜び・怒りなどの感情が誘因となる、カタプレキシー(情動脱力発作)を伴う患者も多くいますが、そうした症状が見られない患者も存在しています。一般への知名度が極めて低いことと、専門医が少ないことから、患者に対する正しい診断や治療が受けにくいそうです。また、周囲の人間からの理解が得られないなど、患者には精神的にも大きな負担が掛かっているのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症と人間の睡眠との関係2

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ