不眠症と人間の睡眠との関係2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症と人間の睡眠との関係2

不眠症と人間の睡眠との関係2のイメージ

短期的に考えていくと、人間にとっての睡眠とは、栄養(生物体が体外から物質を取り入れて、成長や活動に役立たせること)を摂取よることよりも遥かに重要であると考えられています。マウスの実験においては、完全に睡眠を遮断した場合、およそ1~2週間以内に死亡するといった結果が出ています。この結果は実は、食物を与えなかった場合よりも短いのです。睡眠が遮断されることによって、極端な衰弱に加えて、体温調節の不良、さらには脳の内部である視床(脳の構造の中でも、特に間脳の一部を占める部位)にまで損傷が生じるようになっていました。これは人間の場合においても、同じことが言えます。眠りが遮断された状態を継続していくと、段々と思考能力が低下していきます。それから「妄想(根拠もなくあれこれと想像すること)」や「幻覚(実際に感覚的刺激や対象がないにも関わらず、あるように知覚すること)」が生じ始めて、相当期間において、強制的に眠らない状態でいた場合には、死亡する可能性を示唆しています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症と人間の睡眠との関係1

睡眠に関わる神経伝達物質「オレキシン」1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ