不眠症と人間の睡眠との関係1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症と人間の睡眠との関係1

不眠症と人間の睡眠との関係1のイメージ

人間に必要な睡眠量は、個体差があると言われています。平均的には、7~8時間が最多層と考えられています。カリフォルニア大学サンディエゴ校のダニエル・クリプキ氏らによる、睡眠医療の掲載論文や、名古屋大学医学部大学院の玉腰暁子氏の研究では、睡眠が7時間以上、8時間未満の場合において、その平均余命が最も長くなるとしています。睡眠中は、刺激に対する反応がほとんど消失します。さらに、移動や外界の注視などの様々な活動も同時に低下するのです。これは一般的、閉眼して意味のある精神活動は停止した状態になりますが、適切な刺激を受けることによって、簡単に覚醒すると言われています。だからこそ、睡眠と意識障害とは、実は全く違った性質にあるわけです。さらに、人間を始めとした、大脳が発達する数種の動物においては、睡眠中に「夢」と呼ばれている、ある種の幻覚を体験することがあるわけです。夢は、睡眠中において、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像になり、視覚像として現れることが多くありますが、聴覚や味覚、さらには触覚などの運動感覚を伴うこともあります。

あわせてよみたい不眠症の知識

そもそも睡眠はなぜ必要なのか?

不眠症と人間の睡眠との関係2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ