睡眠時間が長ければいいというわけでもない

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠時間が長ければいいというわけでもない

睡眠時間が長ければいいというわけでもないのイメージ

睡眠は量よりも質が大切で、深い眠りを得ることができれば、睡眠時間は短くても問題はありません。むしろ、睡眠をとりすぎると体がだるくなるだけで、健康にもよくないという研究報告もあります。

脳を常に働かせている人は頭の回転がどんどんよくなりますが、脳をあまり使っていないとすぐに鈍くなってしまいます。睡眠には脳を休息させるという、とても重要な働きがありますが、長すぎる睡眠はかえって脳を弛めてしまうというのも事実です。

あまり脳を休息させすぎると、頭のキレが悪くなってしまいます。長時間休めば休むほど元気がなくなり、能力が低下してしまいます。

鈍化するのは脳だけではなく、体や自律神経も同様です。休息も取り過ぎると、本来持っている機能が充分に働かなくなり、体からは年中だるさが抜けず、ちょっとした環境の変化で健康を害したりします。

実際に不眠症の人が睡眠時間を最小限に削って活動的な毎日を送ったところ、改善に向かったという報告もあります。

効率的よく睡眠をとり、あまり体を休ませ過ぎないことによって、自律神経が活発化し、ホルモンの分泌や新陳代謝が促進された結果によります。

あわせてよみたい不眠症の知識

寝起きが悪い人が増えている理由

睡眠の役割

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ