寝起きが悪い人が増えている理由

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

寝起きが悪い人が増えている理由

寝起きが悪い人が増えている理由のイメージ

多くの人が睡眠に関する悩みを抱えています。中でも多く見られるのが、なかなか寝つけないうえに朝の寝起きが悪いといった悩みです。こういった状態になる理由として、生活リズムの乱れが挙げられます。

もともと人間は、朝日とともに起きて日の入りとともに眠るという生活習慣があります。元来、私たちの自律神経のリズムが朝型になっているので、早寝早起きを実行している人には睡眠不足を訴える人はほとんどいません。

しかし、近年では社会生活そのものが24時間体制になってきているので、夜遅くまで生活するというパターンが定着してきています。これにより、本来は朝型であった人間が、夜型に近い生活を強いられているのです。

それでも、毎日就寝時間が同じであれば、私たちの体はその習慣を覚えるので、決まった時間に快適に迎えることは可能です。しかし、就寝時間がバラバラになってしまうと、毎日の生活リズムが根本的に崩れてしまいます。

前日に深夜まで起きていて、朝も遅めに起きた人が、次の日早めに眠りにつくことはとても難しいです。なかなか寝付けず、ようやく眠りに入った頃には起きなければならないという結果になってしまいます。

睡眠効率が悪い状況を長く続けていると、熟睡できない体になってしまい、疲労が抜け切れないまま朝を迎えてしまうことが増えてしまいます。それが、慢性的な不眠症とつながるのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

寝酒を適用するならば

睡眠時間が長ければいいというわけでもない

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ