寝酒を適用するならば

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

寝酒を適用するならば

寝酒を適用するならばのイメージ

就寝前にお酒を飲む人は多いようですが、ナイトキャップとして利用するためには、いくつかの鉄則を守らなければならないので注意が必要です。これを守らなければ寝酒を飲むことは、安眠に対して逆効果になってしまうことがあるので肝に命じてください。

まずは量についてです。ほろ酔いの一歩手前で止めておくことです。飲み過ぎになってしまうと、せっかく眠ったのに途中で目が覚めたり、翌朝気分が優れなかったりすることがあります。また、アルコール度数の低いビールは、眠くなるまでにたくさん飲まなければならず、たくさんビールを飲むと当然水分を多く摂ることになるので、夜中にトイレに行く羽目になるので逆効果となってしまいます。

次にタイミングです。寝床に入る1時間~30分前までに飲むのが最も有効的です。アルコールを口にしてから、酔いが回るまでの時間がちょうどその位のタイミングとなるからです。

量とタイミングをしっかり守れば、お酒もナイトキャップとして役に立つことができます。眠らないからといって安易にお酒の量を増やしたりすると、アルコール依存症にもなりかねないので、特に量については注意してください。寝酒はあくまでも不眠を解消するための手段のひとつであって、あくまでも寝る前の気分転換という程度のものとして捉えてください。

 

寝酒に向いているお酒のレシピを紹介します。

【甘いウィスキー炭酸割り】

①ウィスキー(30ml)に砂糖(小さじ1杯)を加えて、かき混ぜてください。

②炭酸水を適量加えたら、出来上がりです。

寝酒として考えると、少量で酔えることが可能なものが適しています。ここでは、アルコール度数が高いウィスキーをオススメしています。これに砂糖と炭酸水を加えることで、睡眠効果が増加します。砂糖を加えることで、甘みでリラックスさせます。炭酸水を加えることで、胃が活性化し、アルコールの吸収力を高め、酒量を摂りすぎる前にほろ酔いになることができます。

あわせてよみたい不眠症の知識

「サフラン」は不眠に効く

寝起きが悪い人が増えている理由

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ